多くの冒険者の皆さまからのご愛顧をいただき、『Wizardry Online』は五年目を迎えました。これもひとえに冒険者の皆さまあってのこと。皆さまにあらためてお礼申し上げます。誠にありがとうございます。

この半年間では往年の雰囲気を味わえる、独特のダンジョン「狂王の試練場」のリリース、記念すべき四周年のイベントでは『Wizardry Online』初となる大規模戦闘コンテンツ「異郷防衛戦」などのこれまでにないコンテンツにも挑戦してまいりました。また、本日のアップデートでは、ソウルパートナーの外観を変更する拡張、ランダムダンジョンシステムを拡張いたします。

そして、あわせて公開する本ロードマップでは、これからの半年間で予定しているアップデート項目をお知らせいたします。このなかには多くの皆さまをお待たせしておりました「レベルキャップの開放」をはじめとして、多くのご要望をいただいております「マイクロークの拡張」が含まれており、さまざまな拡張を実施する予定です。

また、これ以外の内容でも企画を進めているものもございますため、これからの発表についても楽しみにお待ちいただけますと幸いです。これからも冒険者の皆さまにアザルス大陸での冒険を存分に楽しんでいただけるよう、冒険者ギルドスタッフ一同、全力を尽くしてまいります。

どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。

冒険者ギルドスタッフ一同



『魔力消失事件』から続く大きな流れが、一つの結末に辿り着こうとしていた……ストーリー第四章も、いよいよ終盤を迎えます。
ダンジョンの最深部では、これまでに遭遇したことのないモンスターが待ち受けていることでしょう。

レベルキャップを現在の「70」から「80」へと引き上げます。
また、ソウルランクも同様に「27」から「30」へと引き上げます。

これに伴い、新たな職業特性の追加をはじめとして、スキル継承ポイントを入手できるようになります(スキル継承スロットは追加されません)。
また、同時期に「スキル継承枠には収まらないけど、このスキルはいつか使うことがあるかもしれない……」という状況に対応できるように、スキルを保存する新アイテム「ソウルフラグメント」を実装します。

四年間にわたりさまざまなストーリーが広がり、このアザルスの大陸には非常に多くの迷宮が現れ、冒険者が活躍できる場も飛躍的に増加しました。

ただ、その一方で最新のダンジョンに挑むためには以前のダンジョンを進める必要が多く、アザルス大陸での冒険を再開した冒険者の方や、新しく冒険者となった方には、最新のダンジョンまでの道のりが長くなってしまうことも確かです。

もちろん、ストーリーの流れがわかるように、スキップしたダンジョン内でのイベントは『吟遊詩人』から回想できるようになります。

「もう倉庫が一杯!」「どこに何があるのかが分からない!」 もっとマイクロークが使いやすくなります

お待たせいたしました! 多くのご要望をいただいていた、「マイクローク」を拡張改修いたします。

もっとアイテムを保管したいという冒険者の皆さまにはお待たせしてしまいましたが、現在の仕組みでは、これ以上の拡張が難しい状況となっていました。

この改修にあわせて「マイクローク」の UI を大幅に刷新し、よりアイテムの整理を行いやすくなるようにします。アイテムの「検索」もできるようになる予定です。

転職時にレベルが 1 までに戻ってしまう仕様を変更し、転職後の負担を緩和できるような変更の企画・検討を進めています。

職業間バランスの調整を目的とした、いくつかのスキルへの上方調整を企画しています。

皆さまの冒険を華やかに、または勇ましく彩るアバターの企画も進めております。
11月25日に実装したソウルパートナーの外観を変更する「ソウルパートナーアバター」についても、新しいデザインの企画を進行中です。