PAGE TOP

  • ギルド職員:このダンジョン「昏(くら)き揺らぎの地」は
    第三章の新しいストーリーダンジョンです。

    このダンジョンで初登場するボスモンスター「ヴァルガ」や、謎の執事など、
    Wizardry Onlineの物語が更に広がっていきます。
  • アラハゥイ:ほぅ。遂にあの人物が登場するダンジョンが解放されるようですな。
    私としては、あの人物がいると楽しみが増えるのでいいのですが、果たして冒険者の皆様にとって吉と出るか凶と出るか…。
  • ギルド職員: 封印された古の魔法「エンシェントマジック」のLV3,LV4が追加されます。

    モーリスは範囲内の対象に「防御力低下」と短時間の「恐怖」の状態異常を与えるLV3の黒魔法で、 防御力低下の効果は既存のスキルとも重複するため、瞬間火力を増す「カティノ」に対し、 継続火力が大きく上がるようなスキルとなっています。

    バマツは効果時間こそ短い物の、高い防御効果を範囲内のパーティメンバーに与えるLV3の白魔法です。強力な攻撃が予測される等、ここぞという時に使うのがいいでしょう。

    マハリトはその名の通りハリトの強化版ともいえるLV4の黒魔法で、ハリトに比べはるかに強力なものとなっています。

    バディアルバディオスの強化版ともいえるLV4の白魔法で、こちらもバディオスに比べ非常に強力なものとなっています。

    エンシェントマジックは発見するのが大変ですが、
    それに見合った効果がある呪文ばかりです。

  • アラハゥイ:ほぅほぅ。
    エンシェントマジックがいくつか追加されるようですなぁ。
    時代と共に魔法の効果も変わってしまったようで、大昔は殆ど使ったことがなかったバディアルやモーリスがこんなに強力な呪文になっているとは…。

    ああ、そうそう。エンシェントマジックといえば…
    モンティノで黙らせてマニフォで硬直させた相手に、
    あんなことやこんなことができたらいい企画物になるなと考えたのは私だけではありますまい?
  • ギルド職員: 特にファイター、シーフ、ニンジャの方には朗報かもしれません。
    エンシェントマジック、種族スキルに次ぐカスタムスロットの用途として、ついに「エンシェントスキル」が登場します!
    エンシェントスキルにはスキルごとに習得可能なレベルと職業が設定されており、 エンシェントマジック同様に習得さえすれば別の職業に転職しても使用可能となっています。
    今回は第一弾として、各職業におけるパッシブスキルの追加を行う予定です。
  • アラハゥイ: 古代のスキルですかぁ。
    このスキルとは違うお話ですが、昔は君主の一閃は山をも吹き飛ばし、侍は呪文要らずと呼ばれる剣技で大群相手に猛威を振い、忍者は分身の術で敵を錯乱させ…
    まぁ、今より何千倍も強かったものですとも、えぇ。
    もちろんそういった技の数々は血族にしか伝承されず、いつしか潰えたと聞き及んでおりますが。
    鳳龍核撃斬!とか今の若者は知らないのでしょうねぇ。
    寂しい限りですとも、えぇ。
  • ギルド職員: 今までよりも性能の高いジェムが追加されます。
    お持ちの武器や防具に装着することで飛躍的に性能が変わる可能性がありますので、様々なダンジョンを巡って見つけ出してください!
  • アラハゥイ: 一体誰が制限をかけているのか知りませんが、まだまだ市場に出回っていないジェムがあるようですなぁ。
    実は魔法少女になったりするようなジェムもあるんじゃないですか?え、ない?
    まぁ、男性がそれ使ってしまった時のおぞましさを考えると、なくてよかったのかもしれませんねぇ、えぇ。
  • ギルド職員: 11月の新規レアアバターは、ディメント王国のおとぎ話で有名な「暗黒面に落ちた騎士」をモチーフにした品となっております。
    詳しい説明はいつものように発表されますので、是非ご一読ください!
  • アラハゥイ: (企画書を見ながら)これまた重そうなアバターですなぁ。
    しかしこういうゴツゴツした鎧で下半身だけ素肌成分が多いと、エロティックでかっこ良かったりもしますから、他のアバターと組み合わせが楽しみですとも、えぇ。
  • ギルド職員: ハーサント連邦の影響で、今までディメント王国になかった紳士淑女の社交場「カジノ」が解禁されます。
    一攫千金の億万長者を狙うか、財産をすべて失うか…冒険者であれば挑戦せずにいられないでしょう。

    ※本アップデート以降も「大人の社交場」のカジノコンテンツは追加される予定となっております。
  • アラハゥイ: 大 人 の 社 交 場!
    これは期待してしますますねぇ。どういったサービスが受けられるんですかな?
    なに…カジノ、ですか?うーん、まぁいいでしょう。
    で、バニーガールはいるんでしょうね?ボーパルバニーではないですよ?いないんですか。
    それはまたゲンナリですなぁ。しかしギャンブラーズハイになれる施設であれば、それはそれで貧乏貴族である私にとっては嬉しい限りですとも、えぇ。
  • ギルド職員: 11月に実装される「昏き揺らぎの地」に、ネームドモンスターが登場します。
    強力なモンスターですので、出会ってしまったら逃げるか、集団での戦闘をお薦めいたします。
  • アラハゥイ: あの紫色の不気味な気(オド)をまとったモンスターですな。
    なんの突然変異か知りませんが、早くああいう手合は駆逐していただきたいものです、えぇ。
    そうそう、駆逐といえばアレと全く同じ時期にWizardry ZEOという漫画が連載されていましたなぁ(遠い目)
  • ギルド職員: 毎年恒例となっております冬の精霊祭が開催されます。
    今年の精霊はなにをしでかすのか…事が大きければ大きいほど、依頼を聞き届けた報酬は大きいかもしれませんね!
  • アラハゥイ: 毎年毎年この時期になると町並みが変わって心弾みますなぁ。
    しかしまぁ、毎年毎年害悪しか及ぼさない精霊共は駆除してしまうのが一番いいんではないでしょうかねぇ。
  • ギルド職員: 12月の新アバターは、罪人を処刑するエグゼキューショナー風となっております。
    その出で立ちは不気味で恐ろしいものですが、正義の鉄槌を下す法の番人でもあります。
  • アラハゥイ: 世の中は冬の精霊祭とやらで、恋人たちがキャッキャッウフフして、
    赤い服を着たヒゲの老人が煙突から家に不法侵入して勝手に何かを置いて去るというよくわからない頃合いですな。
    しかしまぁ、そんな時期にこれですか。黒いサ●タプレイが捗りますなぁ。
    さあ皆さんご一緒に「リア充に鉄槌を!」
  • ギルド職員: 待望の女性用ボイスアバターが追加されます。
    今回は女性編で声優の「高山みなみ」さん、「田中敦子」さんに演じて頂いたボイスを追加予定です。
    あなたの冒険ライフに合ったボイスがあれば、是非お求めください!
  • アラハゥイ: そういえば夏に男祭と称して男性ボイスアバターを紹介しておりましたなぁ。
    今回は女性編ということですが、女祭りになるのですかねぇ。
    いやはやいい響きですなぁ、女祭り。
    それはそうと、どんな声なので?
    ほぉほぉ、全身義体の少佐と戦術予報の大佐ですか。
    おや、誰か来たような…
  • ※12月に予定しておりましたボイスアバター「女性編」に関しまして、
    新規機能実装を優先し、実装時期を2014年2月へと変更させて頂きます。
    (2013年12月27日 追記)
  • ギルド職員: 新規の武装「弓」と「矢」が実装されます。
    弓は遠距離攻撃が可能で、威力の調節も可能です。
    また、矢の種類によって与えるダメージに特殊効果が付く場合もあります。
  • アラハゥイ: 冒険者といえども礼節は大事。
    この時期は「あけおめ」「ことよろ」などと省略せず、ちゃんと新年のご挨拶をしたいものです、えぇ。
    そんな時期に忘れ去られていた遠距離武器「弓」が入手できるとか。
    実は当初から存在していたのですが、仕様を大幅変更していたため実装に時間が掛かってしまったようですなぁ。
    私の感想としてはメインの武器ではなく別の使い道で戦術が変わるかもしれない、というところですな。
  • ギルド職員: この時期までに頂いた冒険者の皆様からのご意見も参考に、
    モンスター・アロケーション・センターは拡張を予定しております。
    内容につきましては新たなモンスターの参戦や交換アイテムの拡充などを基本にアップデートする予定です。
  • アラハゥイ: 10月末に実装したモンスター・アロケーション・センター、略してM.A.Cの拡張が行われるようです。
    冒険者ギルドはどうやってあんなモンスターたちを召喚できているのでしょうかねぇ。
    モンスターの召喚は禁呪になっているはずなのですが…はてさて。
    それはそうと、拡張という言葉の響きにウキウキするのは私だけでしょうかねぇ。
  • ギルド職員: 1月の新規アバターはWizardry Onlineの東洋にあると言われている
    「ホウライ大陸」から輸入されてきた着物風アバター
    を予定しております。
    現実の着物とはちょっと異なりますが、今までにないデザインのアバターになるかと思います。
  • アラハゥイ: さすがにまだ名前はついておりませんか。
    いっその事ラフ画を出して名前募集してみてはどうですかね。
    採用された冒険者にはこの服をプレゼントするとか。
    それはそうと…東洋といえば下着はつけない主義だという噂を聞きつけたのですが、これは本当でしょうか!
    このアバターではどうなっているんでしょうか!
  • ギルド職員: 「混沌のシュトラーゼ」は、ディメント王国の港町イルファーロと、
    ハーサント連邦の砂の街レーヴェンアンタイルを結ぶ最短ルートです。

    一度通れば簡単に行き来できるようになりますが、ここはガーディアンズゲートで
    構成されているゲートダンジョンなので簡単には突破できないかもしれません。
    また、強いモンスターが多いので、経験値目当ての冒険の地としても活用できるかと思います。
  • アラハゥイ: 今までは大陸中央の山脈を越えることができず、北のクォパティ領から
    ハーサント連邦に行っていたようですが、なんと一本道でディメント王国とハーサント連邦を
    つなげている古代の通路を見つけたそうで。
    しかし、古代の通路だけあって、そう簡単には終点まで行けないのではないでしょうかねぇ。
  • ギルド職員: 混沌のシュトラーゼを超えた先にある新しい街「レーヴェンアンタイル」には、今までのイルファーロをコンパクトにした施設群と、見たこともない施設があります。
    実はここでソウルパートナー(後述)を得ることができるのですが、新参の冒険者にはまだ開放されていないようです。
    この街を中心にして、幾つもの新しいダンジョンが見つかっていますので、今後の拠点はここになるでしょう。
  • アラハゥイ: ハーサント連邦の首都から東に数百キロの地点にある寂れた街ですな。
    砂に囲まれた街で産業も乏しいのですが、近年この街の周りに迷宮などが多く見つかっているため、徐々に冒険者が集まり活気づいているようですな。
    しかしお気をつけください。ハーサント連邦は属性的には混沌の国。
    秩序の国であるディメント王国より荒れていることは間違いないでしょうから、えぇ。
  • ギルド職員: 2月に登場する新規サブダンジョン「ミスカトニック大学分校」は、
    砂の街レーヴェンアンタイルから行くことが出来ます。
    どんなモンスターやクエストが待ち受けているのか、冒険者としての正気さや健全さが削られないよう、鍛えて挑んでください。
  • アラハゥイ: 私もレーヴェンアンタイルの近くにあるミスカトニック大学のハーサント分校で異変が起きているという噂を小耳に挟みました。
    まだ騒ぎは小さいようですが、冒険者の皆様がこの砂の街にたどり着く頃合いには大きな騒ぎになっているかもしれませんなぁ。
    え?なんの大学かと?
    さてねぇ。しかしあの大学には私が収集している本がたくさんありそうでしてねぇ…
    くっくっくっ。
  • ギルド職員: 2月の新アバターはドレス風アバターとなります。
    夜に咲く華の淑女のように美しく、夜に誘う紳士のようにクールな品になるかと思いますので、ご期待ください。
  • アラハゥイ: ほほぅ、ドレスですか。
    どうせなら…こう…ドレス【透け透け】とかドレス【シースルー】とかドレス【愚か者には見えない】がいいですなぁ。
    色味は要望にも多かった紫、というところでしょうか。
  • ギルド職員: 毎年恒例の「愛の精霊祭」が企画されています。
    完全新規のアイテムを入手できる可能性もありますので、是非ロッテさんのお話に耳を傾けてあげてください。
  • アラハゥイ: 毎年思うのですが、あの道具屋の…
    何歳か知りませんが結構熟れている気がするあの娘…ああ、そうそう、ロッテ嬢。
    あの子の話、長いんですよねぇ。もういやがらせとしか思えないほどに長い。
    一体彼女に何があったというのか…
    歳を重ねる事に長くなっているような気がするのですよ、えぇ。
    今度はどんな愚痴を聞かされるのやら…え?HEARTでHEATにぶん殴る?
    何の話か知りませんが、恐ろしい単語を聴いてしまったような気がしますな…。
  • ギルド職員: 今までにクリアしたダンジョンに改めて挑めるように、難易度システムを設ける予定です。
    モンスターやダンジョンの中身は全く同じですが、難易度が高ければモンスターも強くなり、その分獲得できる経験値も高くなります。

    ※本件は開発状況によって内容に変更が入る可能性がありますが、2月から4月の間で予定しております。
  • アラハゥイ: ほぅ…同一ダンジョンに複数の難易度を設ける、ですと?
    一体どうやって…(企画書をもらう)…ほほぉ?
    「魔法で因果律を調律し、並行次元に同一ダンジョンでありながら別の強さを持ったモンスターを配置」

    よくわかりませんが、禁呪もいいところですなぁ。
    といいますか、誰がこんな神の御業を行えるというのでしょう。
    え、イシークの巫女ができる?
    ああ…また面倒くさい連中がしゃしゃり出てきたものですねぇ。
    そういえばイルファーロにいたイシークの巫女は三姉妹のはずですが、一人見当たらないような…
  • ※当初2014年2月から4月の実装を予定しておりましたが、
    冒険をはじめたばかりの方のストーリーの進めやすさなどの調整を含めた、
    当初の予定より拡張したシステムの実装を検討しております。
    そのため、実装時期を2014年5月以降に変更させていただきます。
    (2013年12月27日 追記)
  • ギルド職員: 砂の街レーヴェンアンタイルで得られる新しいシステムが「ソウルパートナー」です。
    これは固有の名前を持った冒険者やモンスターをなんらかの方法で取得すると、
    パートナーとして共に冒険に行くことが出来る
    システムです。
    詳細は追ってお知らせいたしますが、育成の楽しみや、冒険の幅が更に広がるシステムに
    なるかと思われますので、ご期待いただければ幸いです。
  • アラハゥイ: 自分の周りをふわふわと浮いている光の玉…
    これがソウルパートナーと言われるものですな。
    様々な冒険者やモンスターをパートナーとして連れ歩くことができるそうで、パートナーの性質によって得られる効果も変わるとか…
    ほほぉ、このパートナー自身も経験を得て強くなるらしいですなぁ。
    どうせ連れ歩くのならボンキュッポン!なソウルパートナーがいいと思いますが、どうなんでしょうかねぇ、えぇ。
  • ギルド職員: 遠距離武器の追加武装である「銃」は、弓と違って威力の調整ができません。
    しかし常に最大威力で発射されるスグレモノになる予定です。
    若干弓より打ち出す時間が必要ではありますが、それを補って余りある威力と追加効果が期待できるでしょう。
    また、弓と同じように弾の種類によって追加効果が生まれる予定です。
  • アラハゥイ: ハーサント連邦の先進技術で開発された「銃」という武器が追加されるそうです、えぇ。
    安い鎧など一撃で撃ちぬく破壊力だと聞いておりますが、果たして怪物どもに通用する品なんでしょうかねぇ…
    まだハーサント連邦でも貴重な品らしいので入手は困難かもしれませんなぁ。
  • ギルド職員: 3月のアバターは名称未定ですが、デザイン候補は決まっております。
    時期が来ましたらお知らせしたいと思います!
  • アラハゥイ: アバターの名前を考えて、背景設定を書くのが私のお仕事なのですが、
    たまには(楽したいので)他の方に命名していただきたいものですねぇ…
    冒険者の皆様に命名していただくのもアリだと思いますがねぇ(チラッチラッ)
  • ギルド職員:がんばります!
  • アラハゥイ:がんばります!
    ちなみに、私が次にやりたいことは武具やアイテムの精製や、料理などができる「サブ職」ですねぇ。
    個人的にはロードマップにあげていないけどやりたいことはたくさんあるので、合間合間で実現できないか調整していく次第です、えぇ。
※このページの内容に関しては、予告なく変更する場合がございます。